妄想魔法ダウンロード版で本を作る記事

この記事を書いている4月6日、BOOTH Festival アナログゲーム回が開催されました。

夜明け団も参加するべく奔走致しまして、めでたく「妄想魔法のトーヴァシェスポワリ」のダウンロード版を公開することが出来ました!

書籍版は6月17日の北海道コミティア8以降に通販開始を予定しております。

ダウンロード版が公開されましたが、やっぱり書籍が欲しい!と言う方はたくさんいるかと思うので

妄想魔法の書籍版が待ち遠しい方へ、ちょっと自分で作ってみませんか?と言う趣旨でお送りするのが本記事です。


利点としましては

・印刷費が含まれないのでちょっと安めで済みます

・本が汚れたり壊れたりした場合、買い直さなくて大丈夫です

・自分で量産出来るのでプレイヤーに配れます(個人利用の範囲に限ります)

などがあるかと思います。


前置きが長くなりましたが、興味のある方は続けてお読みください。

1.本文と表紙を印刷します

zip内のmmss-1~8までとmmss-end、「印刷用表紙」内のhyoushi1(必要であればhyousi2も)を印刷します。

本文はB6サイズ(幅128mm×高さ182mm)で両面印刷、表紙はA4サイス(幅297mm×高さ210mm)で印刷してください。

表紙は少し厚みのある紙を使うと同人誌っぽくなります。見本では画用紙を使っています。

2.本文をホチキスでとめます

本文を揃えて背表紙になるほうをホチキスでとめます。表裏で交互になるように、均等に5カ所ほどとめてください。

本文が両面印刷で50枚以上となりますので、一纏めにしたい方はたくさんとめれるホチキスを使うことをおススメします。

前後編になっても構わなければお好きなところで分けていただいて、2種類の表紙で区別できるようにしてください(推奨)。


3.表紙を切り出します

表紙を印刷するとトンボがついてくるので、それに沿って切っていきます。

画像のように定規を当てつつ、端っこは切らないようにカッターを入れましょう。

こんな感じに。

切り出すと、余白などが残らずに端が綺麗になります。

表紙以外はこんな感じに残ります。

4.背表紙を折ります1

表紙が2色に分かれているのですが、ちょうどその境目で折ります。

カッターの背中で溝をつけると折りやすいです。

5.背表紙を折ります2

本文の厚みを定規で計ってから、その分だけ離して折ります(画像は5mm程度でした)。

引き続きカッターの背中で溝をつけていきます。

2回とも折り、本の背表紙が出来たものが2枚目の画像です。

6.両面テープを背表紙側につけます

本文をとめたホチキスを覆うように両面テープを貼っていきます。

表と裏と背中に、隙間無く。

7.本文と表紙をくっつけます

折り目に沿って本文の両面テープが付いた側の角を付けていきます。

まず画像のように片方付けてしまうと楽です。

それから背表紙を密着させ、もう片方も貼り付けていきます。

8.本の形になりました

無線綴じの形の本っぽくなりました。

9.化粧断ちをします(気にならなければやらなくて可)

綺麗にしたい側面に定規を垂直に当て、カッターでひたすら紙を切ります。

コツは定規をしっかり当てることと、カッターは力をあまり入れずに何度も往復していったほうが綺麗にできます。

断ち終わると画像みたいな紙の束が出来ます。

凄く疲れますが、本が綺麗になるので挑戦する方は根気良く。


こんな感じに綺麗になります。


10.完成しました

手元に妄想魔法のルールブックが出現します。

お疲れ様でした!

やり方自体はもっとわかりやすい説明をされている方がいるかと思いますが、

妄想魔法に興味を持った方に向けて、ルールブックの形に出来るよ!と言う選択肢もアリなのではと考え

記事を作ってみました。

参考になれば幸いです。

妄想魔法のトーヴァシェスポワリ

0コメント

  • 1000 / 1000