まるで憎悪を込めて脈動する影。
空は嘲笑の如く割れ、大地は泣き喚いていた。
皮膚が凍り血が燃えて、折り重なる屍が海。
捨てられた街は牙を向き、ここは果で底である。

そう出会うことのない鮮やかな赤い髪だ。
瞳には不思議な色が滲み、強く輝いている。
襲い掛からんとする災害を前に怯えもせず、
彼女は不敵と微笑み僕に尋ねた。

「君、好きな人はいるかな?」

人間よ、妄想せよ。
ハッピーエンドは起こるのだと理解しろ。
夢幻纏いし救済の絶対乙女(アンリミテッドフロイライン)、
彼女は、願われてその身に女神を降ろす。

BLOG